リノベーション



「改装・改修」を表現する言葉も「営繕」から「リフォーム」へ、そして「リノベーション」へと変わりました。これは、ただ単に、修理することから、時間の経過で起こりうる状況の変化に対応でき、しかも機能やデザインを加味したものへ移行していることを表しています。

弊社自身が所有している、一般的には既に「建替えの時期」を迎えた築30年を超えた5棟のアパート(店舗を含め)を「100年以上保持する、出来る限り建替えない維持」を決心し、地域に必要とされる物件作りを目指して、ノウハウを蓄積してきた結果、入居率は、95%を継続維持できるようになりました。この維持管理のノウハウをお客様に還元することが、私どもの役割であると自負しております。

  このノウハウは、個人の財産である住宅・集合住宅、資産としてお持ちのアパート、ビル、店舗などに生かせることだと考えます。建築技術、企画提案・コンサルティング力、実践力と成果を調和させ、お客様のお役に立てるよう、今後も努力を重ねて参ります

もっと詳しく「リノベーション?」

メッセージ

若尾建設では、大正12年創業以来、建築を通して地域に貢献することをモットーとして参りました。

時代は巡り、建設会社に求められるものは、新しいものを作るだけではなく、既に建築された物件の資産価値をいかに持続させるか、また、「環境」への配慮も必要となってきました。